お知らせ (休診・代診日についてはカレンダーでご確認くださいませ)

2020/06/04

 ようやく緊急事態宣言が解除され、徐々に以前の日常に戻っていくべく社会が動き始めました。皆さんも大変な不自由されていたかと思いますが、少し安心されているのではないでしょうか?

 東京では最近は大体10から20人のPCR新規陽性者がでておりますが、1300万人の人口規模やこれから様々に再開されていく活動を考えれば完全に0になる(なり続ける)ことは考えにくく、また治療法やワクチンなどが確立されてきても0になることはありませんので、しばらくはコロナに付き合っていくと考えた方が良いかと思われます。

 ただ世界中で研究者が総動員して様々な研究などをしており、「治療」「安全な検査」「ワクチン」などが確立されてくることにより「危険ではあるが現在に比べて比較的安全に付き合うことができるようになってくる」と思います。

 当院と致しましてはこれからも「院内感染を発生させない」「スタッフが罹患したりしてクリニックの診療が止まらないようにする」などのためにも院内での様々な予防策は最重要に行ってまいりますが、元来の「重症ではなく仕事もできるし日常生活はおくれるが辛い、というような患者さんが速やかに治るようお手伝いをする」という当院の役割を再確認し、安全性を確保しながらも以前のように身近な診療所として気楽に安心して利用して頂けるよう工夫してまいります。

 すでに以前と同じ様に感冒や胃腸炎、生活習慣病など様々な患者さんを診させて頂いておりますのでよろしくお願い致します。




2020/05/19

 緊急事態宣言から1か月以上が経過し、延長に入っております。皆様の様々な自粛の努力が実を結んできており、徐々にではありまだこれからが大事ではありますが、陽性率等で見る限り治まってきております。来る第二波以降を考えれば全て以前のままとはいきませんが、ある程度は安心して生活ができるところまで遠からずなりそうです。

 当院に関しましては今のところ幸いにも患者さんやスタッフともに新型コロナ陽性者は一名も出ておりません。

 もちろん感染者の方(諸条件にて感染の可能性がより高い方)が来院した場合でも他の受診の患者さんと入口から待合、診察室まで完全に分けてありますのでコロナ以外の方が接触する可能性は高くありません。また、現在コロナ専用にしております診察室は大きく外に直に窓が開きますので、頻回に開けて完全に外気と空気を入れ替えております。

 対応するスタッフも以前からのゴーグルやサージカルマスクはもちろんさらに専用の防護衣を使用し毎回着替えて対応しております。空気清浄機器と致しましてはウィルスに有効とされているウィルス専用フィルター使用の強力な空気清浄機や次亜塩素酸空間除菌脱臭機、プラズマクラスター、ナノイーなど考えられうる限りの装備を使用しております。

 また現在当日予約も承っておりますのでそちらも利用して頂き、インターネットでの猫の目システムにてリアルタイムの混雑状況や診療の進行状況も院外からも確認できますのでご心配の方は少しでも他の患者さんと接触しないようできるかと思います。

 来院される方が少しでも御心配なく今まで通り受診できるよう施して参りますので、必要の際にはいつでもいらしてください。

 

2020/04/13

 緊急事態宣言か1週ほど経過し在宅勤務や休校など皆さん不自由な状態で頑張られているかと思います。

 当院におきましても日々の新型コロナ患者数の増加を鑑みまして発熱や呼吸困難感、著明な倦怠感などの新型コロナの罹患が考えられるような症状をお持ちの患者さんに対しては別室待機での待合や別室での診察、会計後も別室にて待機、専用の出入り口使用など行い、対応医療スタッフも場合によりサージカルマスク以外にもゴーグルなど使用し感染拡大対策対応を新たに始めております。もちろん様々な院内の空気清浄の機器も導入しております。受診される皆様にもあらたに様々な不自由やコロナ対策としてのご負担をお願いするかと思われますが、流行期の期間限定でありますので何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

 なお、発熱や著明な倦怠感、呼吸困難感を有している患者さんの中には新型コロナ感染か否かに関わらず病気として危険な状態に重症化している可能性があり、クリニックである当院ではなく胸部CT等精査や入院設備のある高次医療機関(総合病院など)に早急に受診する必要があるかもしれませんので当院受診前にまずご連絡をお願いたします

2020/04/08

今後の当院の診療について

 昨日緊急事態宣言が発令されるなど何かとご心配があるかと思われます。また、テレワークなど日常の生活も様々な変化変更を余儀なくされている方もいらっしゃるかと思います。

 天王洲もかなり人が減っており、当院におきましてもご利用の患者さんは減少傾向にあります。ただ、微力ではありますが地域医療の一部を担わせて頂いているという立場として当然ながら「診療時間や曜日および診療内容や担当医は変更せず今まで通り通常診療」を行ってまいります。今まで通りご利用して頂ければと思います。よろしくお願いいたします。


2020/03/07

【当日リアルタイム予約開始について】

 最近お電話にての予約をご希望される方が増えてきたことと、昨今の疾病流行などの状況を鑑みまして今まで混乱を回避すべく行っておりませんでした「リアルタイムでの予約」を開始することと致しました。

 今までは「お電話から半日以降の予約」とさせて頂きましたが今後当面「半日以内でも予約可能」と変更致します。電話担当者とお話しして頂き、ご都合の良いお時間がありましたら是非利用して頂ければと思います。予約をして頂ければもちろん重傷者の有無や混雑具合により多少はお待たせすることもあるかとは思いますが、極力予約の方を優先して拝見させて頂きます。宜しくお願い致します。


2020/03/02

【当院の設備について】

 徐々に様々な新型コロナの特徴がみえてきました。現場の医療関係者の間では前から言われてはいましたが対応する事としてまずは「空気の悪いところ(コロナが留まりそうな環境)を少しでも減らす」という事かと思われます。寒い冬期はどうしてもしめ切ってしまい室内は空気がよどみます。空気清浄機もその能力によってはあまり効果が期待できないものも多分にあります。まだまだ完全な正しい対応は不明ではありますが、まずは「頻回の部屋の換気」をおすすめします。

 当院では大手空調メーカーの力の強い(当院の床面積の2倍程度の空気清浄能力)の加湿空気清浄機にバイオ抗体フィルターというよりウィルスを捕着しやすい特殊フィルターを装着して複数台使用。

 また、空間のウィルス抑制に有効とされる次亜塩素酸空間除菌脱臭機も複数台、さらには据え付け式のプラズマクラスターなども併用しております。少しでも利用して頂く皆様が安心して利用できるよういろいろ対応していきます。

 

2020/02/18

【新型コロナウィルス感染症について】

 不安に思われている方も多いかと思われますが、残念ながら現在までのところまだ詳しい感染の仕組みや経路などわかっておりません。一番注目すべき致死率や重症化率は既存の呼吸器感染症と大差なく、中国(特に武漢などの内陸部)以外ではまだ爆発的な感染は確認されておらず、日本国内では感染者は数十人(クルーズ船はのぞく)とされています。

 ただ結局のところ現在は検査や加療(入院隔離での全身管理)は設備の整った基幹病院などの高次医療機関しかできません。残念ながらクリニックレベルでは対応は困難です。

 今現在長く続く発熱や倦怠感および咳などの呼吸器症状を有する方、特に武漢を中心に最近中国に行かれたか、もしくは行かれた方と接触があった方は医療機関受診する前にまずは下記相談窓口に連絡することとなっております。あきらかに心当たりのある方やご心配な方はぜひまずご連絡ください。

①各地域保健所の帰国者/接触者電話相談センター(平日9時から17時)

 都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター(平日17時から翌9時、土日祝日)

②厚労省 新型コロナウィルス電話相談窓口 0120-565653(9時から21時)

③東京都 新型コロナウィルス感染症電話相談窓口 03-5320-4509(9時から21時)

ご不便をおかけしますが身近な方への感染拡大防止のためにもご理解ご協力をお願いいたします。

なお、当院の診療は全く通常通りおこなっておりますので上記対象以外の皆様はいつも通り受診していただければと思います。よろしくお願いいたします。


2020/2/3

【受診前問診票ダウンロードについて】

当ホームページの下方において問診票をダウンロードできますので、お急ぎでしたらお時間のある時にプリントアウトして記載の上でお持ち下さい。

受診時に少しでもお待たせしなくて済むかと思いますのでお手数ですがよろしくお願いいたします。

診察時間・カレンダー

診療時間

午前:10:00~14:00(受付時間:10:00~13:30  ビタミン点滴は10:00~13:00)
午後:15:30~19:00(受付時間:15:30~18:30    ビタミン点滴は15:30~18:00)

※日曜・祝日は休診
※ただし、第1・3・5土曜日は午前のみ診療、第2・4土曜日は休診となります。

2020年6月カレンダー


5/255/26

5/27

5/285/29 5/30
(受付〜13:30)
5/31
休診日
12

3

45 6
(受付〜13:30)
7
休診日
89

10

1112 13
休診日
14
休診日
1516

17

1819 20
(受付〜13:30)
21
休診日
2223

24

2526 27
休診日
28
休診日
2930

7/1

7/27/3 7/4
(受付〜13:30)
7/5
休診日

・月曜日午前外来:久住静代先生(女医)と田村拓二先生の2診体制
火曜日:鷲澤祐子先生(女医)の外来日

※第1・3・5金曜日の午前外来:鷲澤先生と田村先生の2診体制は2020年3月で終了しております。

※田村拓二先生は火曜日不在、月曜日の午前外来は定期受診の方を診療しております。

 対応する診療についてのご案内

一般内科外来(風邪、下痢、腹痛、インフルエンザなどの一般的な内科診療)

このような一般内科範疇の患者様に:

  • 風邪の諸症状(喉が痛い、熱がある、咳がとまらない、身体の節々が痛む等)
  • 下痢が続く、お腹が痛い、胃が痛い、便秘している
  • インフルエンザの疑いがある
  • その他、体調不良
※各種予防接種も承ります。詳しくは診療案内をご覧ください。

循環器内科外来・呼吸器内科外来・消化器内科外来

当院では次のような専門的観点からも治療を行っています:

  • 循環器内科外来
  • 呼吸器内科外来
  • 消化器内科外来
※詳細は診療案内をご覧ください

健康診断・企業健診

企業健診や一般的な健康診断等も承っております。

天王洲周辺には多くの企業様が集まっています。企業健診には至近の立地ですので、ご担当者のかたはぜひお問い合わせください。また、従業員の福祉のためにもぜひご活用ください。

>>詳しくはこちらまで

禁煙外来 

タバコをやめたい方のために、禁煙外来を承っております。

昨今の様々な研究では喫煙にて健康に有用な事柄はありません。天王洲界隈もますます禁煙の方向にて整備されております、喫煙スペースもなくなってきております。この機会にタバコを止められてはいかがでしょうか?ぜひご相談ください。※完全予約制です。

>>詳しくはこちらまで

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時間はしっかりとっているのに、昼に急に眠くなるようなことはありませんか? 睡眠時無呼吸症候群(SAS)についても対応しております。働き盛りの男性を中心に潜在性も含めますとかなりの患者さんがいらっしゃると思われます。SASはすぐに何かを起こさずとも、長い期間ではかなり多くの健康障害を起こしますので、影響が少ないうちにぜひご相談いただければと思います。

>>詳しくはこちらまで

その他の自費診療(マルチビタミン点滴、AICSなど)

疲れが溜まっているがどうしても明日のプレゼンには出なければならない…そのような「ここ一番の頑張り時」のために、ビタミン点滴であなたをサポートします。特に頑張りたいときにはビタミン点滴の中でも「マイヤーズカクテル」をおススメします。

その他、AICS(アミノインデックス検査:ガンの検査)なども行っております。

>>詳しくはこちらまで

 クリニック案内

クリニック概要
院長紹介
スタッフ紹介
施設・設備案内

アクセス

天王洲内科医院 医院外観

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-8
スフィアタワー天王洲 CS棟2階233号
TEL:03-6712-0086

【電車でお越しの方】
東京モノレール「天王洲アイル駅」徒歩1分
りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩3分

>>お問い合せはこちら

>>詳しいアクセスはこちら

 当院のクレド

1. 私たちは患者さんの幸せを何よりも最優先に考えます

2. 私たちは志と誇りを持って医療に取り組みます

3. 私たちは医療を通じて世の中を変えていきます

4. 私たちは世の中のためになることを常に考えます

5. 私たちは見返りを期待しません

6. 私たちは互いに協力し、すべての業務を自らの事とし解決への尽力を惜しみません

当院の混雑状況

只今の混雑の目安
曜日別混雑の目安

当院の場所

問診票ダウンロード

受付時間 午前:10:00~13:30
     午後:15:30~18:30

   【ビタミン点滴をご希望の方】       午前:10:00~13:00         午後:15:30~18:00    

問診票に事前にご記入頂けるとよりスムーズに受診いただけます。下記よりダウンロード・印刷の上ご利用ください。

※最後の来院から1年以上経過している方は「初めて来院される方」の問診票にご記入ください。

※連絡先について、当院から至急ご連絡をお取りしたいこともありますので、連絡先がご変更になった場合は受付にお申し出ください。ご協力よろしくお願いいします。

問診票ダウンロード
問診票ダウンロード
健康診断を受けられる方